UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: トレーニングセンター > UiBot開発者ガイド > 4.ワークフロー
4.ワークフロー

UiBotの場合、以下の概念を知る必要があります:

• ワークフロー (Workflow)

• フローチャート(Flow Chart)

• コマンド(Command)

• プロパティ(Attribute)


以上の4つの概念はお互いに関連しています。ワークフローには複数のフローチャートが含まれ、フローチャートには複数のコマンドが含まれ、コマンドには複数のプロパティが含まれます。この4つの概念は本コースにおいて何度も取り上げられるものなので、この章だけでなく後の章でもまた現れるので、よく覚えてください。


まずは、ワークフローです。ワークフローとは、UiBotを使ってタスクを完成します。UiBotを使って複数のワークフローを同時的に作成できますが、一回に一つしかワークフローを作成することができません。将来的には、UiBot WorkerとUiBot Commanderもワークフローの基本単位として使用されます。


UiBotを起動した後、左側の[新しいワークフロー]ボタンをクリックしてストレージパスを指定することにより、プロセスを作成することができます。


UiBotを使用した新しいワークフロー

以前にキーボードウィザードを使用したことがある場合、ワークフローはキーボードウィザードの「スクリプト」とほぼ同じです。もちろん、UiBotのワークフローとキーボードウィザードのスクリプトにはいくつかの違いがあります。たとえば、ワークフローには、キーボードのファイルだけでなく、フォルダーが含まれています。両者の間の最も重要な違いは、UiBotでのワークフローはフローチャートに示されていることです。


RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始