UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: トレーニングセンター > UiBot開発者ガイド > 1.前書き
1.前書き

このテクノロジー主導の世界では、従業員はしばしば手で作業を行う必要がある。そして、従業員はコンピューターでたくさんの退屈で何度も繰り返す操作に遭遇する。例えば、ドキュメントのダウンロード、請求書と監査の記録、電子メールのチェックなど。これらの仕事を終えた際、簡単なミスをしやすいし、常に退屈と感じられる。例えば、顧客は毎日銀行に送金しなければならない。金融業界の従業員は数十万の口座と送金履歴を追跡して、毎日機械のように働いている。


監査、調整などのため、金融業界には反復性の最も高く、最も退屈な仕事がある。そこで、世界をリードする金融専門家としての4つの有名な会計事務所(Ernst&Young、PricewaterhouseCoopers、デロイト、KPMG)は、「金融ロボット」という概念を導入した。 このロボットは、2017年に初めて中国で現れる際、ソフトウェアロボット作成の試みと見られる。手動プロセスを自動化するように設計される。従業員が直接に顧客サービスや研究開発などのようなやりがいのあるタスクに参加することができる。この発想はアメリカでも流行っている。アメリカでは、さまざまなソフトウェアロボットの製造は新興産業として現れている。ロボットプロセスオートメーションまたはRPAと呼ばれる。2プロセスの自動化は2017年よりも長く続いていますMicrosoft Officeは、Officeの運用を自動化するために、20年前独自の「マクロ」機能を導入しました。 だが、RPAは初期のプロセス自動化に新しい要素をもたらします。ロボットが従業員と一緒に、或いは単独的にプロセスを自動的に完成できるように、RPAは単純な人間の操作を模倣できる「ソフトウェアロボット」を作成することができます。この「非侵襲的」な側面は、RPAの中心的な競争力の一つです。


これらの単純で反復性の高いタスクは、単なる金融業界にあるでは限らない。 ロジスティクス、販売、人事、その他の多くの分野や産業にも登場します。ロボットはどこにでも価値があり、退屈なステップバイステップの作業から労働者を解放し、時間を節約します。


RPAが普及していると言っても過言ではありません。アメリカだけで、他の業界向けてRPAの製品とサービスを提供する数十億ドルの大手企業はいくつあります。彼らの製品のほとんどはRPAの基準を満たしていますが、来也(Laiye)のUiBotと同じ品質で整えたなソリューションを提供することはできません。理由をご覧ください。


ソフトウェアロボットを作成してRPAを企業で実施するまでは、次の手順が必要です:

1.まず、既存のワークフローを分析し、RPAがどの状況で最大の有効性とROI効果を発揮できるかを理解します。

2.次に、プロセスに含まれるすべてのソフトウェアを読み取って操作できるソフトウェアロボットを実装する必要があります。

3.最後に、実際の作業環境で技術的背景のない労働者を含むすべての労働者に適用し、ソフトウェアロボットを実行する必要があります。


通常、最初のステップは、財務チーム内のビジネス専門家が行います。なぜならば、彼らは財務ワークフローを整理し、また分析する必要があるからです。次のステップは、IT専門家によって行われます。彼らはPythonなどのプログラミング言語を使って人間の作業を模倣するロボットを簡単に実装することができる。最後のステップは、普通の会社員或いは技術背景のない会社員で完成すべきです。しかし、これらの3つの手順を完璧に行う企業はほとんどありません。各ステップが完璧に行われていないと、RPAを企業で成功に応用することはできないからです。


金融の専門家にとって、最初のステップは整理と分析しやすく、特に問題はありません。 しかし、問題は次のステップです。ITの専門家はいつもデジタルの世界に没頭していて、金融の語彙や金融の専門家のプロセスを理解していないため、実装プロセスで混乱やエラーの発生を招きます。4 最後のステップには一般的な従業員がITチームの技術用語とプログラミングを理解していないため、問題が生じます。彼らは問題解決のためにIT部門に電話して助けを求めますが、ITのサポートが遅れた場合、仕事の進展を妨げます。


当社のUiBotは、他のRPA企業と比べてどのようにしてさらなる価値を作りますか?


来也(Laiye)の経営理念は:

• 一般機能が備わっている半完成品を作ります。この半完成品より、使いやすく、少ない人力で特定のタスク、または機能が仕上がったタスクのような完成品を作成することができます。

• 最後に、普通の従業員にロボットの一般原理を理解してもらい、非技術的な方法でロボットを修正する方法を把握してもらいます。


今後、RPAの応用はIT専門家の関与をいりません。そこで、UiBotの新しく使いやすいソリューションのおかげで、第二と第三のステップにある問題を解決します。RPAプラットフォームは、ソフトウェアロボットを多くの部分に分解するため、ITが分からない金融専門家たちはITスタッフのない状況でそれを構築することができます。そうすることで、ロボットは大型企業の財務および会計(F&A)チームの手順を正しく複製することができます。そして、普通の従業員がほんの少しの操作でプログラムを実行することができます。


従ってRPAプラットフォームの主要な指標は:

• 十分な部品で多くのプロセスを正しくシミュレートし、機能が強いです。

• 簡単にいえば、IT専門家の関与がなくても、普通の社員はそれを簡単に理解し、把握することができます。


さまざまなRPA企業がこれらの目標の実現のために努力しました。結果は理想ではありません。それは、各ステップの間に矛盾が生じるからです。ロボットがたくさんのプロセスを解決してコピーすることを希望していれば、その技術は簡単なものではありません。たとえば、一部のRPAプラットフォームは様々な任務と問題を解決することができます。しかし、すべての人にPythonのようなプログラミング言語を理解してもらうことを求めます。これは普通の社員にとって容易ではありません。


UiBotは競争相手と違って、RPAプラットフォームの3つの主要な指標の均衡性のために、たくさんの努力を払ってきました。ソフトウェアインターフェースからいくつかの工夫を見ることができます。UiBotの設計者は、半年に渡って綿密な調査と議論を行い、最終的に完全なソリューションにたどり着きました。長年にわたって製品を慎重に磨かれてきたため、われわれはUiBotが国内の6つのRPAプラットフォーム市場において主導的な地位を占めていることに確信しています。もちろん、努力だけでは足りません。さらなる専門知識と経験が必要です。来也(Laiye)はそれも備えています。 2001年以来、Awesome Technology Co. Ltd.の中核チームはプロセスの自動化市場で一生懸命努力してきました。 設立からもう20年が経ちました。チームは設計と研究において大きな進歩を遂げ、豊富な経験を蓄積して、そこでRPAの他の競争相手より優位を占めています。


必ず読むリスト
RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始