UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: トレーニングセンター > UiBot開発者ガイド > 10.インターフェース要素
10.インターフェース要素

最初の章で述べたように、RPAの主な機能の1つは、「非侵入的」であることです。 つまり、RPAは他のソフトウェアと連動しますが、他のソフトウェアからインターフェイスを提供してもらう必要はありません。RPAは直接に他のソフトウェアの操作インターフェイスに向けて、人間の読み取りと操作をシミュレートします。しかし、RPAには多くの入力ボックスとボタンがあるため、コンピューターがどこで操作を行いますか?この章で紹介した「インターフェース要素(interface elements)」がこの問題を解決します。


インターフェース要素とは?


次の部分では、「コントロール」とは何かを明らかにします。 すでにご存じするのであれば、セクション3.1をお気軽にご利用ください。わからないのであれば、読み続けてください。「コントロール」と「インターフェース要素」の間に共通点があるが、同じものではありません。そこで、2つの間の混乱をできるだけ避けるようにしたいです。


ITの専門家以外、ほとんどの人は、Windows、Mac OS X、Linuxにもかかわらず、オペレーティングシステムのグラフィカルインターフェイスを扱うときにコンピューターを使用します。 Webブラウザの普及により、ブラウザでの表示用にグラフィカルインターフェイスがますます頻繁に選択されています。これらのグラフィカルインターフェイスには独自の特性がありますが、マウスでクリックすると、マウスの下には実際に小さなグラフィカルコンポーネントがあります。これらのグラフィカルコンポーネントは「インターフェイス要素」と呼ばれます。 たとえば、次の図はごく普通なWindows画面と典型的なグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)です。


まず、上記のメニューバーののオプションである「ファイル」、「ホームページ」、「共有」、「表示」などは、独立したインターフェイス要素です。メニューバーのアイコンと下のテキスト(「コピー」や「貼り付け」など)は、独立したインターフェイス要素です。左側のナビゲーションバーの「クイックアクセス」、「デスクトップ」、「ダウンロード」も独立したインターフェイス要素です 。 ウィンドウのメイン領域(赤いボックスの範囲)に表示さている各ファイルは独立しています。彼らも独立したインターフェース要素です


普通のWindows画面


インターフェイス要素の間にネストされた組み合わせもあります。たとえば、赤いボックスには広範囲のインターフェイス要素が含まれており、その中にあるそれぞれのファイルは単独的なインターフェイス要素です。UiBotで、インターフェイス要素の役割は「ターゲット」コマンドのターゲットとして使用されます。


前述したように、UiBotはコマンド領域に「プレハブ(prefabricates)」として使用される多くのコマンドを配置しました。 そのうち、27個最もよく使用されるのコマンドは、図のカテゴリーに示しています。


最もよく使用されるいくつかのコマンド


その中で、「インターフェイス要素」および「テキスト」カテゴリの下のすべてのコマンドをターゲットとされます。「ターゲット」という単語を含む「マウス」と「キーボード」の下のコマンドもターゲットとされ、赤いボックスに表示します。


ターゲットコマンド


いわゆるターゲットコマンドとは、コマンドの中でインターフェイス要素を指定することです。実行時は、インターフェイス要素が初めて現れたときのことを意味します。存在する場合、操作はこのインターフェイス要素に向けられます。たとえば、インターフェイス要素がボタンの場合、コマンド「ターゲットをクリック(Click on the Target)」はインターフェイス要素をクリックすることです。存在しない場合は、指定された時間(「タイムアウト(timeout)」とも呼ばれます)を超えるまで検索が続きます。プロパティでタイムアウトを設定することができます。そこで、出力でエラーメッセージを表示し、プロセスの実行はすぐに停止します


それに対し、ターゲットなしコマンドに対してインターフェイス要素を指定する必要はありません。たとえば、「シミュレートクリック(simulated click)」コマンドは、実行時にマウスがどこをクリックするかというターゲットがありません。もう1つの例は、「シミュレートボタン(simulated button)」コマンドです。これも実行中にキーボードの入力フォーカスがどこにあるかというターゲットもないのです。


明らかに、UiBotを使用する場合、ターゲットコマンドを優先に使うべきです。なぜならば、ターゲットコマンドの方がはるかに正確であるからです。ターゲットが見つからない場合のみ、戻ってターゲットなしコマンドを使用します。したがって、UiBotを使用する時、ターゲットを選択する方法を知ることが重要です。ターゲットを正確に選択んでいれば、シミュレーション操作は比較的簡単になります。次はターゲットを選択する方法を紹介します。


RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始