UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: トレーニングセンター > UiBot開発者ガイド > 2.UiBotの開発
2.UiBotの開発

上述のように、財務、ロジスティクス、販売、人事などの分野において、簡単な繰り返し作業が多く、従業員の価値を奪います。実際、前世紀末の頃に、この問題は専門領域だけでなく、ビデオゲームにも反映されていました。


ビデオゲームの開発者は、ユーザーを長期間維持するために、ユーザ―が大量の時間をかけて繰り返しの動作をすることを目指します。これはなかなかスマートな戦略です。新しいゲームが登場するまでに、毎日の平均ユーザー数を高い数値に保ちながら、そのプロセスをユーザ―に繰り返してやらせます。それによって、安定した収入源を作ります。


そこで、二十一世紀初頭に、退屈なゲームアクションを自動化するソフトウェアロボットを求めはじめました。その中で最も有名なのは、2001年のQMacroの発明です。 QMacroは最初にWindows PCで実行され、Windowsクライアントゲームを自動化させ、それからAndroidスマートフォンでゲームの自動化を始めました。


Qmacroは、ゲーマーのレベルアップすることに役立ちます。そこで、ユーザ―が開発者の作った繰り返し作業を体験させずに済みます。Qmacroが大きな成功を収めたのは、技術面の成功ではなく、使いやすいデザインと実用性があるからです。QMacroはロボットではなく、ソフトウェアロボットを製造するツールです。 このツールは、ユーザーが簡単にプロセスを自動化するため、技術の知識を持たない一般ユーザーでも製品から使用性を見出し、より多くのユーザーに製品を広げます。


現在、QMacroはプラットフォームを使用して独自のソフトウェアロボットを作成することができたため、何千人ものゲーマーの貴重な時間を節約しました。ある意味で、2001年のQMacro製品はRPAの先駆者と見なされます。2017年以降、国内市場におけるRPAは、その製品の概念に触発されました。人事の時間を節約した部分は、より多くの人々にサービスを提供するために使用されます。主に金融などの専門産業に集中します。QMacroの制作チームはこれを認識し、単なるゲームの自動化から、産業用の機能が強く、使いやすく、効率の高いRPAプラットフォームを8つ作ることに取り組んでいます。

彼らはUiBotと呼ばれるB2B RPAプラットフォームを作成しました。企業用のユーザーの特定ニーズに合わせて、元のテクノロジーに対して多くの改善と変換を行いました。SAP自動化をサポートし、フローチャートの形で表示し、分散コントロールセンターをサポートします。


UiBotの主な機能は、優れた安定性とフォールトトレランスです。そして、特別な状況が発生する場合、実行を停止せず、毎回追跡することができます。 この点はQmacroをはるかに超えています。


RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始